チャイルドカットお子様カットの重要性をもっと認識しょう!

2019年2月7日(木)

おはようございます😃

hairmakesino代表の篠崎正です。

さて、美容師にとって、

【チャイルドカット】

【お子様カット】

とはどんな位置付けなのでしょうか?

 

 

そんなに単価取れないし、ちゃちゃ!っと親に言われた通り、カットして終わりにしてる・・・

とりあえず子供はテンション上げて接してさっさと終わりにする・・・

もちろん手抜きはしてないとは思いますが、実はとんでもないカットをされて、ご来店されるお子様も数多くいらっしゃいます。

例えていうなら、

アウトラインカットして毛先ザクザクすいて終わり!

的な感じでしょうか?

しかし!

これからの日本の中心になるであろう世代にこのような対応をして良いのでしょうか?

また、親は、

子供だからいーや。

と、安いだけのカット専門店に連れて行って良いのでしょうか?

もちろん、それがダメだというわけじゃないですが。

 

ここで考えていただきたいのは、

仕上がりの良さ

だけではない大切なことがあるということなんです。

それは、子供にとって美容師はスタイルを作るだけじゃなくて、あなたのことを大切に思って、親身になって考えてくれるっていうのを知ってもらうためでもあるし、

親の言いなりではなく本人の意思で自分の髪型が決められる自己主張の場でもあるし、

 

かわいく、カッコよくなった、してくれた美容室、美容師ってすごいんだ!

って知ってもらう場でもあるし、

身内じゃない大人からの、愛とか、親身とか・・・・・

目に見えないけど、ものすごく大切な何かを、感じたり、知ったりする場でもあると思うんです。

すると、この子たちは、

美容師に対する憧れ

 

を持つかもしれない、こんな人間になりたい、と思うかもしれない、

そして、美容師になりたい!

って思うかもしれない。

なりたい職業ランキングとかあるじゃないですか?

あの中に美容師がいるっていうことは、こういう心を持った美容師がたくさんいるということです。

美容業界にとっても大変大切なことであるし、

私自身、篠崎さんをみて接して、美容師になりたいと思いました。

と言っていただいたら、こんな嬉しいことはない。

それが自分を育ててくれた美容業界への恩返しでもあるし、自分の誇りにもなるんだと思います。

なので、初美容室だったこの写真の女の子にも、

大人と同じようなカウンセリングをして、

大人と同じようにカットして、

大人と同じようにシャンプーして、

ブローしてドライカットして、そして撮影して差し上げました。

私のためにちゃんとやってくれるんだ!って思ってくれたと思う。

ちゃんと座ってたし、カットしてるところも見てくれたし。

そして、初美容師として私を選んでくれた親御様に感謝の言葉しかない。

ただ、かわいくかっこよくカットすればいい。

そういう時代から心、目に見えないもののつながりを大切にする時代へ変わっていっていると思います。

これからは心、想い、大切にしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうござます😊